福島第一原子力発電所事故後のいわき漁業:不確かな状況下で沿岸域管理が学び取れることとは (日本語まとめ)

福島第一原子力発電所事故後のいわき漁業:不確かな状況下で沿岸域管理が学び取れることとは

レズリー・メイボン
川辺みどり

当論文は福島第一原子力発電所事故の後に福島県いわき市の漁業においてリスクと不確実性がどう認識されているのか見極めることを試みる。特に沿岸域管理におけるリスクや不確実性の扱いに関し学び取れることをより一般的な視点から考察することに重きを置く。2011年の原発事故は福島漁業に大変な影響を及ぼした。以後沿岸漁業はストップされ、海洋放射線の水産物に対する影響を理解するための研究が今も続いている。その一方で福島漁業を徐々に再開するため小規模な試験操業が行われている。福島県内およびいわき市内でのインタビュー、ディスカッション・グループ、試験操業や緊急モニタリングの視察等を基に当論文では大きく次の三点を議論する:(a)状況説明において信頼できる地元地域コンタクトの役割;(b)依然ある制約や不確実要素を認識する透明な検査・モニタリングの重要性;(c)速く、潜在的に不可逆的な環境変化に関し文化的な側面を深刻にとらえる重要性。

原稿(ダウンロードができない場合、原稿を無料頼むために是非ご連絡ください:l.j.mabon@rgu.ac.uk)

Mabon, L and Kawabe, M (2015) ‘Fisheries in Iwaki after the Fukushima Dai’ichi nuclear accident: lessons for coastal management under conditions of high uncertainty?Coastal Management 43 (5): 498-518;

Mabon, L (2015) ‘Radioactivity and the city – what might Iwaki in Japan tell us about life under major environmental change?’ in Condie J and A-M Cooper (eds) Dialogues of Sustainable Urbanisation University of West Sydney: Pentrith, NSW pp278-281.

P1010670

Advertisements
This entry was posted in New Publications and tagged , . Bookmark the permalink.

One Response to 福島第一原子力発電所事故後のいわき漁業:不確かな状況下で沿岸域管理が学び取れることとは (日本語まとめ)

  1. Pingback: Commentary on our new paper: fisheries in Fukushima post-disaster | energyvalues

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s